非常用/携帯品セット


大阪・北摂(豊中/千里中央・池田)にて、「整理収納アドバイザー2級認定講座」を開催致しております、


整理収納アドバイザー認定講師・インテリアコーディネーターの竹本佳代です。


先日からの地震による余震は、随分と減りましたが、


昨日からの大雨と、地震による地盤の影響で、


深夜〜早朝にかけて、緊急速報のアラームが何度も鳴り響き、


市内のある地域の避難勧告が出されました。


地震、さらに大雨被害と、避難を余儀なくされている方々へ、心よりお見舞い申し上げます。


震災の前日、私は打ち合わせで、天王寺駅に朝から向かっておりました。


もしかすると、1日違っていましたら、私も帰宅が困難な状況だったかもしれませんが、


実は以前より、市外に出る時には、非常携帯品を、セットにして持ち歩くようにしております。
 
 
これは、東日本大震災の時に、東京で大混乱を経験された方から教えて頂き、それがどれだけ役に立つモノなのか、
 
 
実体験のリアルな内容で、常日頃からお聞きしておりましたので、
 
 
参考までに、ご紹介をさせて頂きたいと思います。
 
 
【非常携帯用品セット】
 
飲み物 (ポーチに入るミニ茶やミニポカリで、大きなボトルを持っていく時は外しています。)
 
●非常食品 (飴玉やカロリーメイト等)
 
●携帯充電器
 
●ミニ懐中電灯
 
●マスク
 
●ウエットティッシュ
 
●絆創膏
-------------------------------------------
 
この日私は、非常食品には、日頃使用する「のど飴」を入れてましたが、
 
 
知人より、非常携帯食のおススメとして、「とらやの小分けになったミニ羊羹」を勧めて頂いてました。
 
 
小さくて持ち運びしやすく、お腹持ちもいいですし、


食べる時に音が出ないモノの方が、周りを刺激することがなく良かったそうです。
 
 
また、非常時に情報を得たり、安否を知らせる為には、やはり携帯電話は必須ですが、
 
 
電車情報を検索したり、安否を連絡している間に、


あっという間に充電切れになってしまい、大変混乱をしたということもお聞きしておりました。
 
 
そういった意味でも「携帯充電器」は、かなり重要ですし、


ソーラー充電のモノを勧めて頂いてましたが、私は電池式を持ち歩いてました(^^;)
 
 
また、停電になった際も、真っ暗な中で、懐中電灯の明かりがつきますと、


それだけで周りの混乱が収まったそうです。
 
 
非常携帯用品をセットにしてポーチを作っておくと、カバンを変えた時もさっと入れ替えが出来ます。


まだまだ余震だけでなく、あらたな断層の地震があるかもしれないと言われております。


もしかすると外出時に、「非常携帯品セット」が役に立つことがあるかもしれません。


ご参考まで(^-^)



【整理収納アドバイザー2級認定講座】



1日で資格取得が可能な講座です‼

 

詳しくはこちらから